Home –  未分類
Category Archives: 未分類

知らなかった!

世の中にはあなたのまだ知らないお得情報がたくさん。
知らなきゃ損なお得情報で人生を豊かに!

情報は溢れているけど…

世にあふれる、良い面ばかりに聞こえる儲け話は本当にお得なの?
よく聞くお得情報が本当にお得なのか比較してみましょう。

あなた損してる?

たかが500円、と思っていても今までの人生の「たかが500円」を数えたらきっと「たかが」なんて言えないハズ。コツを知ればどんどんお金は貯まります!

消費税や国債

こんにちは。
今回は消費税や国債についてお話していきたいと思います。そのことを通じて日本人の賃金を上げることなどにも触れていきたいと思います。
ほとんど政治がらみのお話になると思います。

脱線するかもしれませんが政治の防衛についてお話させていただきます。
中国い共産国ができた1959年にチベットが中国にあるきょうさんこく に 侵略され、600万人の人口のうち、120万人を超える犠牲者を出したといわれています。さらにおどろきなのは、今うられている中国の日本地図の沖縄県を「中国領沖縄自治区」というように表記しているそうなのです。驚きですよね。

と脱線はさておき。。。
本題に入ります。賃金を上げる方法は以下の4つです。
1)税金や国債を減らして、国民が稼いだ500兆円(GDP)をできるだけ多く国民が使えるようにする

2)技術革新や新しいビジネスが生まれるように自由な競争環境に置く

3)温暖化やエネルギー節約のように賃金が減る政策を止める

4)日本人がほぼ等しい生活(総中流)ができるように格差を減らす

と言われています。三番に関しては反感を食らう内容な気がしますが。。。
日本の競争力は世界で見ても高いので、消費税や補助金などを減らすだけでも、欧米並みの給料になることは間違いありません。
そもそも日本人の賃金は20年程で12%も少なくなったのです。

これから消費税を10%や15%に引き上げるという案もあります。今後の賃金や消費税がどのようになっていくのか注意してみていかなければいけませんね。

日本の免税店

こんにちは。
今回は、日本の免税店についてお話していきたいと思います。
まずは免税についてさらっとお話をしていきます。
日本を訪れる短期滞在者は、購入した物品を日本では使用しないという条件で
消費税負担が免除されるという仕組みです。
さらに、次のことの規定を満たすことも必要になってきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー―
※消費税免税店としての許可を所轄の税務署で受けている店舗での買い物について、
■一般物品(家電商品、衣類、靴・カバン、時計・宝飾品など)
・1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の購入合計額が1万円を超えること。
■消耗品(食品・飲料、果物、化粧品、医薬品など)
・1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の購入合計額が5千円を超え、50万円までの範囲内であること。
※ショッピングモールなどで、複数テナントでの買い物でも購入額を合算できるところもある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー―

では、本題に入りたいと思う。日本の免税制度がとても便利な点についてお話します。
日本の免税手続きは簡単で優れている。
日本の消費税免税店で買い物をしても、空港で列に並ぶといったような面倒な手続きはない。日本の関税では、書類と持ち出し商品との突合せは一切行っていないからです。ここで、日本の還付方式には次の2種類についても触れます。
・商品購入時任パスポートを提示して、消費税を引いた金額を支払えば良い
・商品購入時に消費税もいったん支払い、店内の別のサービスですく などでレシート、パスポートなど必要書類を提示して消費税の還付を受ける。ただし、クレジットカードで買い物をしても、付与分は現金で戻されます。

これらからわかるように、EU加盟国などのように、関税でハンコをもらったのちに、還付のためにもう一度、、なんてことは必要ないのです。

このように日本の免税制度はとても便利です。
まだ便利な部分はいくつかあるので、今後の記事で紹介させていただきます。

医療費控除の申請方法

こんにちは、
前回に引き続き医療費控除についてまとめていきたいと思います。
おさらいですが、以下が医療費控除の計算方法です。

1年間に支払った医療費の合計額 ー 保険金等の収入 ー 10万円
(所得が20万円未満の場合は所得金額の5%)
= 医療費控除額(最高200万円)

医療費控除額 × 所得税率 = 還付金

この計算式での「保険金の収入」ですが、例として以下のものが当てはまります。

出産育児一時金や配偶者出産育児一時金など健康保険から支給されたもの
高額療養費など健康保険から支給されたもの
損害賠償金、補てんを目的として支払わたもの
傷害費用保険金や医療保険金、入院給付金など生保会社または損保会社等から支払を受けたもの
給付金、医療費の補てんを目的として支払われたもの

そして、大事な医療費控除の申請方法についてです。これは還付申告ともいい、確定申告と同じ書類で手続きします。
なんとインターネットでも作ることができます。

医療費控除を受けるには確定申告をすることが必須です。
確定申告に必要な書類が以下のようになります。
サラリーマンの場合 :
1.源泉徴収票
2.領収書など医療費の支出を証明する書類
3.領収書のない医療費(通院交通費等)の支払明細(自分で作成する)

サラリーマン以外の方の場合:
1.領収書など医療費の支出を証明する書類
2.領収書のない医療費(通院交通費等)の支払明細(自分で作成する)

国税庁のWEBサイトには、医療費控除を受ける場合の確定申告書の記載例があるので参考になります。
支払い明細はエクセルを使うのが楽でおすすめです。

申請に大事なのは医療費にかかった領収書の保管です!
今から心がけていきましょう。

医療費控除の還付金計算方法

こんにちは。
今日は予告通り、医療費控除の還付金計算方法について
話ていきたいと思います。

少しおさらいですが、医療費控除額は、家庭内で1年間に支払った医療費から
保険金などで補填される金額を引いて、さらにそこから10万円を引いた額になります。

医療費控除の計算方法は
「1年間の医療費支出-保険金等の収入-10万円」となっています。

そして、
「医療費控除額×所得税」 で、帰ってくる還付金の額を出すことができます。

ここで注意点ですが、医療費控除は医療費から10万円を引いた額が
かえって来る制度だと思われている方もいるようなのですが、
医療費控除は、「医療費の実質負担額から10万円を引いた額に応じて
所得税が安くなる(還付金として返ってくる)」という制度です。
勘違いしないようにしましょう。

また、還付金を計算するときに最後掛ける所得税率は、
所得の高い人ほど税率は高くなりますよね。
なので、家族分をまとめて医療費控除を受ける場合には
所得がいちばん多い人が申請すると還付金が多くなる、という
ポイントを抑えておくといいと思います。

ちなみに課税される所得金額と税率をまとめると以下のようになっています

課税対象の所得金額
税率
195万円以下
5%
195万~330万円以下
10%
330万~695万円以下
20%
695万~900万円以下
23%
900万~1,800万円以下
33%
1,800万~4,000万円以下
40%
4,000万円以上
45%
今日はここまでとします

医療費控除をお得に

こんにちは、暑さが続きますが、夏バテや、熱中症は大丈夫でしょうか?
体調不良で、病院に行った方も中にはいるのではないでしょうか。

年間の医療費控除が10万円を超えたら、超えた分の金額を所得から控除する事ができます。そんなお話、耳にしたことあるのではないでしょうか。
以前にも、控除に関してのお得な情報で、扶養控除、医療費控除を紹介したかと思います。
今回は医療費控除について詳しくお話していきますす^ ^
まずは
年間の医療費控除が10万円を超えたら、超えた分の金額を所得から控除する事ができます。税金の還付を受ける形になります。
単身赴任のお父さんも、下宿をしている大学生の子どもも、生活費を仕送りしている両親もみんなの医療費を合算できるので、家族まとめてがお得です!!

この医療費にはどんなものが含まれているのかと言いますと、
・病院、歯科の治療費、薬代
・薬局で買った市販の風邪薬
・入院の部屋代、食事の費用
・妊娠中の定期健診、検査費用
・出産の入院費
・病院までの交通費
・子どもの治療のための歯科矯正
・在宅で介護保険をつかった時の介護費用

意外と多いのです。本人が入院などしていなくてもいいのです。
レシートを取っておきましょう。
ちなみに
・人間ドック等の健康診断費用(病気が発見されない場合)
・自分の都合で利用する差額ベッド代
・健康増進のビタミン剤や漢方薬
・病院までマイカーで行った時のガソリン代や駐車料金
・里帰り出産のために乗った飛行機代
・美容整形
は対象になりませんよ〜

治療のための医療費→対象になる
予防のための医療費→対象にならない
という感じです!
次回は医療費控除の還付金計算方法などについてお話します。

話題のポケモンGOと通信費

ポケモンGOの日本でのリリースからはや1ヶ月ですね。
みなさんは、やっぱり、やっていますか??

ポケモンGOの売り上げ高は8日の時点ですでに200億円となっているようです。
公園での人だかりや、経済効果が期待されるなどもあり、ポケノミクスとも言われています。
しかし、ブームとなっているこのアプリですが、携帯が対応していなかったり、通信プランによりインストールすることができない人もいます。
通信料はやはり気になるところです。
海外でポケモンGOが対応していないことを知らず、使い続けたことで50万円もの通信費を請求された内村航平選手の例もありました。

こういった現状を察してなのか、格安スマホのFREETEL(プラスワン・マーケティング)は、同社の格安SIM「FREETEL SIM」においてポケモンGO分の通信費を無料化する新サービスを発表しました。無料って…思い切りましたね^ ^
そもそも格安スマホの価格は下がり続けていて、3GBの契約で月1000円台というプランが増えています。
家計の支出を減らしたいと考えている人なら、まずは身近な通信費の見直しから行ってみては
いかがでしょう?
格安スマホへの乗り換えを検討するのもいいですね。
ポケモン効果もありこのように通信費を節約することができるチャンスは増えてきそうです。

スキミング対策に!iphoneでお金を引き出す

コンビニや銀行のATMでお金をおろす時は大体カードを使いますよね。
今、アメリカではiphoneのtouch IDで操作可能なATMが7万台ほど設置されております。

ほぉ~便利な時代だなぁ~と思いますが
一番のメリットは「カードスキミング」対策になるということ!
何回かお話していますが、スキミングとは
ATMに特殊な装置を設置したり、カメラを設置するなどの方法で
カードの情報を盗み悪用することです。
iphoneをかざすだけで操作可能なら
カード情報を読み取られることもなく安心です^^
また、カードを持ち歩くことで落としたり、財布を落とした時にカードをすられたり
なんてことも減りますね!

しかし充電が切れた時はどうするんだ・・・?とか
またそれに対応したスキミングのような方法も出てくるんだろうなぁ・・・とか
不安は尽きませんが・・・。

この方法を使ったほうが断然安心なのですから
なるべくはやく日本でも導入してほしいですね^^

お金の把握してますか?

お金が貯まらない…
何に使ったか覚えていない…

なんて考えることありませんか?
金融関係の方から聞いたコツを教えます。

・支出用
・貯蓄用
・給与振込用
の3つの口座をつくること!

毎月、入ってくるお金はほぼ同じです。
問題は支出。
家計簿をつければ一目瞭然なんですが、続かない自信もあったりします(笑)
とりあえず、一度だけ毎月の固定費と変動費を書き出して、月の支出を一覧にしてみてください。
そして、収支のバランスを見る!
ここが大事ですね。

何に使ったか覚えてない場合、まずは1カ月分だけでいいので、レシート・領収書を取っておきましょう。
これで、だいたいの毎月の支払いは把握できますね。
レシートから家計簿ができるアプリもあるので便利です。

把握ができたら引き落とし用の口座をまとめます。
光熱費もクレジットカードも◯◯や□□の引き落としも、全部ひとつの口座にすれば、通帳やそして、クレジットカードの明細が支出の家計簿代わりになっちゃいますよね。
そして毎月、使った分だけお金を入れておけば◎!

そして、ここからもっと大事ですよ。
貯蓄用の口座を別に作る!
ひとつの同じ口座で、貯蓄と支払を一緒にすると貯まりにくいのだそうです。
口座を2つ、または3つに分けるだけでよいのなら、意外とすぐ出来そうですよね。

細かく言えば、支出の費目ごとに予算を決めておくといいみたいですが…
まずは、自分のお金の把握をして、貯める体質をつくるのが先!

というわけで、さっそく口座つくってみます。

夫婦控除

こんにちは。今年はなかなか暖かい日が少ないですねえ~。

さて、前回は配偶者控除についてお話しました。
●配偶者控除や扶養控除とは、面倒をみなくてはいけない家族が多ければ多いほど生活が大変になることを配慮して、税負担が軽くなる

というものでしたね!
ですが、
配偶者控除は見直され、夫婦控除が検討されているということですね。

この夫婦控除とはどのようなものなんでしょうか?
まだ正確には明らかにはされていません。
配偶者控除を廃止し、主婦の年収に関係なく、一定額を控除するものにする方向なようです。
配偶者控除の適用条件と言われている103万円を意識せずに仕事ができるようになりますね。
「女性の社会進出」の推進でもあるみたいです。

さて、いつからこの夫婦控除になるのか?
2014年から政府税調で議論が始まった配偶者控除の廃止に関してですが、2016年の配偶者控除廃止は見送りで、早くても2017年1月から新制度が導入される予定なようです!

家計への影響は?
配偶者控除が見直され、夫婦控除が検討されているということで、
税金の負担が増えるということにはなりそうです。
消費税の増税も導入される予定ではありますので、
これからの出費に備えて、
節約方法を身に着ける、資格取得をする、など対策ができそうです!

配偶者控除

こんにちは。
このご時世、家計を旦那だけで支えているとは考えにくく、ほとんどの方が共働きかと思います。
しかし、専業主婦を対象にして「配偶者控除」というものがあります。
ご存知の方も多いかとおもいますが、
よく耳にする「年収103万円以下」であれば「配偶者控除が受けられる」というものです。
そうなんです。
私の友達にもいるのですが、共働きで妻が働いていても、給与年収が103万円以下であれば夫の扶養家族となり「配偶者控除」をうけることができることになります。

●配偶者控除や扶養控除とは、面倒をみなくてはいけない家族が多ければ多いほど生活が大変になることを配慮して、税負担が軽くなるというものです。

夫が支払う税金が、扶養に該当する妻がいることにより低くなるというのが、「配偶者控除」です。
この「配偶者控除」ですが、実は税法では「合計所得金額38万円以下」です。
では、なぜ年収103万円以下が一般的な配偶者控除の適応条件なのかといいますと、
年収が103万円ちょうどの場合、所得は以下のように算出されます。
●103万円(給与の収入金額)-65万円(給与所得控除)=38万円(給与の所得金額)

パート以外に何も収入がないなら、この38万円が合計所得金額となり、配偶者控除の要件を満たすことになります。一般的に知られている「年収103万円以下」というのはパートの人を対象に言われていたことでした。
しかし、配偶者控除は年収が103万円以下が条件でしたが、それを超えちゃうとダメで配偶者控除を受けられないかといいますと・・・・
そんなこともありません。
年収103万円から141万円は配偶者特別控除というものがあります!
配偶者控除の額が年収が上がるにつれて段階的に金額が変化します。
こちらも場合によっては使えるかもしれませんね!(^^)!

いかがでしたか
改めて配偶者控除についての情報を整理することができましたか?

次回は配偶者控除がなくなり、「夫婦控除」が導入されるかもということを紹介していきます!