Home –  Archive
Monthly Archives: 3月 2016

知らなかった!

世の中にはあなたのまだ知らないお得情報がたくさん。
知らなきゃ損なお得情報で人生を豊かに!

情報は溢れているけど…

世にあふれる、良い面ばかりに聞こえる儲け話は本当にお得なの?
よく聞くお得情報が本当にお得なのか比較してみましょう。

あなた損してる?

たかが500円、と思っていても今までの人生の「たかが500円」を数えたらきっと「たかが」なんて言えないハズ。コツを知ればどんどんお金は貯まります!

扶養家族の確定申告 103万円、130万円のラインとは?

こんにちは!
もうすぐ春ですね~日差しがぽかぽかでお仕事中眠たくなっちゃいます(*_*;
私が住んでいるところではまだ少し雪が残っています。このままもう雪が融けあたたかな春まっしぐら!になることを祈っています・・・・(しかし、毎年これからまた積もるのが定番…)

前回確定申告の話をしましたが、
今日で確定申告〆切です!
何度か話していますが、
学生さんや主婦の皆さんでアルバイトをしている人って結構いますよね。
103万以下とか130万円以下とかよく聞きません?
せっかく確定申告の時期なのでおさらいしましょう!^^♪

アルバイトをしている人はあまり気づいていないかもしれませんが
みんな「所得税」を払っています。
バイト先に聞いたらわかるかもしれませんが、給料から少しずつ引かれているのです。
しかしこの所得税を払わなくてもいい人がいて、
そういう人たちも給料から勝手にひかれてしまうので
それを返してもらえるのが「確定申告」なのですね。

103万という数字は、
扶養に入っている人がこれ以上稼いだら扶養から外れて所得税を払わなくてはなりませんんよ!という数字です。
扶養家族っていうのは、家族の中で儲けが少ない人(収入が103万以下の人)という定義なので
これを超えたら税金を多く払わなくてはならないのですね。
103万以下なら、確定申告すれば毎月ひかれていた所得税が帰ってきます( ..)φ

では130万は何かというと、
「学生」だけに適用される「勤労学生控除」というもので
先ほど述べた103万の壁が学生だけは130万にしてあげる!ってやつです。
勤労学生控除というものは130万円以下なら所得税を0円扱いにしてくれるので
申告すればこちらも同じく所得税が戻ってきます♪
しかし!103万以上の収入がある人は「扶養家族」ではなくなります。
この場合、家族が払わなくてはならない税金が少し多くなってしまいます….。(扶養控除が適用されなくなっちゃう!)

で、この103万・130万のラインを超えていなければ
確定申告ってしなくてもいいんです。ほとんどの人がしません。
めんどくさいからっていうのもあると思いますけど・・・・お金が戻ってくるのにもったいないですね!

逆に130万円以上稼いでしまうと
「必ず」確定申告が必要!そして所得税も払わなきゃいけないし、親の税金も増えます。
だからと言って確定申告しないで隠れても税務署ではわかっちゃいますから、
隠していたとなるともっと高いお金をとられてしまうので、確定申告はやっぱりしましょう。

締切間近!確定申告

こんにちは。前回は確定申告とはなんぞや!というお話をしました。
今年の確定申告も始まり、あと少しで申告期限ですね~3月15日までですよ~

ということで期限も近くなってきましたので、今回は確定申告をするときの
注意点について話していこうと思います。

第一に期限を守ること!は鉄則なので省略します~

二つ目は、医療費控除は10円以下でも対象になる場合があるということ。
医療費控除は、年間の医療費が10万円か合計所得額の5%のいずれか少ない方を
越えた金額分だけ所得控除の対象となるんだそうです。
つまり、所得が200万円未満の人は、年間医療費が10万円を超えていなくても
控除の対象となる可能性があるということです。

三つ目は、保険満期の申告漏れに注意するということ。
保険満期金は一時所得になるそうですが、一時所得は50万円の特別控除額があるので
50万円未満の場合は所得は発生しません。
ただ、保険満期金の場合は単純にその金額が課税所得になるわけではなくて、
受け取った保険満期金から支払保険料の総額を控除し、そこから50万円を差し引いて2で割った金額が課税所得になる、、、ややこしい
でもこの保険満期の申告漏れ、例年多いそうなので要注意ですね!

四つ目は、電子申告の特別控除は1回きりであるということ。
電子申告(e-tax)ってご存知でした?所得税の確定申告の提出を、納税者本人の電子署名や電子証明書を付けて期間内に電子申告を行う場合所得税額から一定額の控除が受けられる制度です。
ここ数年でこの制度を利用している人、多いみたいですよ!
まあこの制度を、電子証明書等特別控除というらしいんですが、これは平成19年分から平成24年分のいずれかの年分で1回しか適用できないらしいです!

確定申告ってめんどうですよね。
でもしっかりしないといけないんです。
自分で注意しながら適切に手続きしたいものです!