Home –  未分類 – 医療費控除の還付金計算方法

医療費控除の還付金計算方法

こんにちは。
今日は予告通り、医療費控除の還付金計算方法について
話ていきたいと思います。

少しおさらいですが、医療費控除額は、家庭内で1年間に支払った医療費から
保険金などで補填される金額を引いて、さらにそこから10万円を引いた額になります。

医療費控除の計算方法は
「1年間の医療費支出-保険金等の収入-10万円」となっています。

そして、
「医療費控除額×所得税」 で、帰ってくる還付金の額を出すことができます。

ここで注意点ですが、医療費控除は医療費から10万円を引いた額が
かえって来る制度だと思われている方もいるようなのですが、
医療費控除は、「医療費の実質負担額から10万円を引いた額に応じて
所得税が安くなる(還付金として返ってくる)」という制度です。
勘違いしないようにしましょう。

また、還付金を計算するときに最後掛ける所得税率は、
所得の高い人ほど税率は高くなりますよね。
なので、家族分をまとめて医療費控除を受ける場合には
所得がいちばん多い人が申請すると還付金が多くなる、という
ポイントを抑えておくといいと思います。

ちなみに課税される所得金額と税率をまとめると以下のようになっています

課税対象の所得金額
税率
195万円以下
5%
195万~330万円以下
10%
330万~695万円以下
20%
695万~900万円以下
23%
900万~1,800万円以下
33%
1,800万~4,000万円以下
40%
4,000万円以上
45%
今日はここまでとします