Home –  未分類 – 「財形」に注目?

「財形」に注目?

こんにちは!
日銀がマイナス金利を導入してたらというもの、銀行にお金を預けても
ほとんど増えないというのが定説になっていますね。
今、定期預金金利は0.01%といわれています。
100万円預けても1年間で100円しか増えません!(´;ω;`)

母や祖母がいうには、ひと昔前は貯金すると金利で
2倍くらいまでお金が増えた時代もあったとかないとか…

2倍までいかなくても結構大きくお金は増えたようです。
だからみんな貯金はした方がいいぞって言うんですかね!

ネット銀行など一部では、企業努力で0.1%~0.3%の金利を
実現しているところもあるようですがいつ引き下げになるかわかりません
マイナス金利はしばらく続きそうですし、これからの預金先をどうするかよく考えてみた方がよさそうですね。

調べてみたら、「財形」というものに注目したほうがよさそうですよ。
財形とは、「勤労者財政形成貯蓄制度」のことで、会社を金融機関が連携して
行っていつ福利厚生サービスだそうです。
勤労者が財産を生み出すための制度ってことですね。

財形は、金融商品で運用するわけではないので、積立預金と似ている制度みたいです。
毎月指定した金額を積み立てると、そこに利息がつきます。
ただ、この利息は基本的に銀行の預貯金とあまり差はないそうです。

では、財形のメリットはなんなんでしょうか?
これは次回詳しくお話ししたいとおもいます!

ちなみに財形はほとんどの会社にあるようですが、
財形がない会社も存在するようなのできちんと確かめましょうね!