Home –  未分類 – 配偶者控除

配偶者控除

こんにちは。
このご時世、家計を旦那だけで支えているとは考えにくく、ほとんどの方が共働きかと思います。
しかし、専業主婦を対象にして「配偶者控除」というものがあります。
ご存知の方も多いかとおもいますが、
よく耳にする「年収103万円以下」であれば「配偶者控除が受けられる」というものです。
そうなんです。
私の友達にもいるのですが、共働きで妻が働いていても、給与年収が103万円以下であれば夫の扶養家族となり「配偶者控除」をうけることができることになります。

●配偶者控除や扶養控除とは、面倒をみなくてはいけない家族が多ければ多いほど生活が大変になることを配慮して、税負担が軽くなるというものです。

夫が支払う税金が、扶養に該当する妻がいることにより低くなるというのが、「配偶者控除」です。
この「配偶者控除」ですが、実は税法では「合計所得金額38万円以下」です。
では、なぜ年収103万円以下が一般的な配偶者控除の適応条件なのかといいますと、
年収が103万円ちょうどの場合、所得は以下のように算出されます。
●103万円(給与の収入金額)-65万円(給与所得控除)=38万円(給与の所得金額)

パート以外に何も収入がないなら、この38万円が合計所得金額となり、配偶者控除の要件を満たすことになります。一般的に知られている「年収103万円以下」というのはパートの人を対象に言われていたことでした。
しかし、配偶者控除は年収が103万円以下が条件でしたが、それを超えちゃうとダメで配偶者控除を受けられないかといいますと・・・・
そんなこともありません。
年収103万円から141万円は配偶者特別控除というものがあります!
配偶者控除の額が年収が上がるにつれて段階的に金額が変化します。
こちらも場合によっては使えるかもしれませんね!(^^)!

いかがでしたか
改めて配偶者控除についての情報を整理することができましたか?

次回は配偶者控除がなくなり、「夫婦控除」が導入されるかもということを紹介していきます!